FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

武器はお子さんの手の届かないところに

学生オケなんかだとたまに見かける冗談に、「武器にしたら1番強い楽器は何か!?」というのがありまして、

まあドラゴンボール生まれカメハメ波育ちな少年達はどこに行ってもバトル大好きなので日本は物騒なところですね!

そこで今回は最強の楽器とは何か真剣に考えてみた。
オーケストラ・バトルロワイアルだ!
果たして生き残るのは、誰だ…?

よい子はぜったいまねしないでね!

あ、今更ですが今回、若干不適切な表現があるかもしれません…

続きを読む

スポンサーサイト

2010年05月19日 ネタ コメント:12

ほら、あの湖の女神が出てくるやつ

タイトル、ど忘れした。

***

むかしむかし、木こり・・・でもなんでもないただ単に楽器が趣味の男が、森の湖のほとりでヴァイオリンを弾いていました。

しかし、ノッてくると動きが大きくなってくるのが彼の悪いクセ。完全に音楽に入り込んでいた彼は、最後の一音をキメて弓を持つ手を高々と上げた瞬間に手をすべらせ、弓を湖に落としてしまいました。とんだナルシストです。

すると、突然、湖面から幻想的な光があふれ、癒し系の音楽とともに女神さまがあらわれました。 BGM:「ペールギュント」より「朝」

続きを読む

2010年03月04日 ネタ コメント:4

クリスマス

世間はクリスマスということで、それぞれの楽器がプレゼントを欲しがるとしたら何が欲しいだろうか、というのを考えてみた。


・ヴァイオリン
腕をもう一本。譜面めくり用に。
おそらくそれくらい必要

・ヴィオラ
知名度。特徴。
生きづらい世の中です…。でもサンタがすげー困ると思う。

・チェロ
世界平和。
か、普通に弓とかが欲しい可能性もある。(落差が!)

・コントラバス
専用運搬サービス。
電車も自動車も使えない、世界一移動しにくい楽器なので。あ、あと湿布(腰痛が…)

・フルート
富と名声。
サンタに当然のごとく限界を要求するワガママさ。

・オーボエ
リード。
消耗品なのにやたら高い。ダンボール買いとかしたいはずだ。


・クラリネット
指をもう一本。
いやもう絶対必要だって。

・ファゴット
靴下がわりにブーツを用意して無視される。
やりかねない。

・ホルン
前向きな気持ち。
後ろに音が出る楽器なので。まして知り合いのホルン吹きは泣き上戸。嗚呼。

・トランペット&打楽器
忙しくてプレゼントどころじゃない。
クリスマス音楽は、だいたい鈴とトランペットでなんとかなる。

・トロンボーン&チューバ
出番。市民権。
切実。


…うーん、現実離れしすぎというか、
靴下に絶対入らないモノが多すぎるから。
サンタも泣いて逃げ出すね、これは。

2009年12月23日 ネタ コメント:2

ファゴデレラ

突発!オーケストラ童話シリーズ
「ファゴデレラ」

むかしむかし、あるところにファゴデレラという、かわいそうなむすめがおりました。

何がかわいそうなのかというと、ひとつは複雑な大人の事情により、いじわるなまま母と二人の姉にこき使われて暮らしていること。

もうひとつは、自分の名前がシンデレラにまったく似ていないことでした。
ごめん。

そんなある日。お城から、一通の手紙が届きました。

お城で開かれる音楽会(踊らないのかよ)へのお誘いです。なんでも、王子様が音色の良いお嫁さんをさがしており、最も綺麗にソロを吹いた女性と結婚したいとか!

突然のニュースに、まま母(オーボエ)と姉たち(フルート、クラ)は色めきたちます。

「お前たち!これは願ってもないチャンスだよ!私もアラフォーになっても再婚しないで我慢してきたかいがあるってもんだよ!」
「キャー!王子様イケメン!超イケメン!
「これで私もセレブの仲間入りね!ヒルズ族と合コンなのね!」

…こいつらホントにヨーロッパの出身なんでしょうか。

続きを読む

2009年11月29日 ネタ コメント:4

チュバ島太郎

突発!オーケストラ日本むかしばなし
「チュバ島太郎」

むかしむかし、中場島というところに、太郎という若者がおりました。
そう、中場島の太郎なのだ。
決して何かをしゃぶる人じゃない。変態ではないのだ!

太郎はチューバをいつも背負っているというとてつもない力持ちで、しかも変態どころかたいそう心優しい男だったそうな。

さて、ある日太郎が浜辺を歩いていると、カメをいじめている子供達とかは特におらず、太郎は釣りをはじめたのだった。

「さーて今日も、のんびりいくかあ」

……10分、20分と時間が流れるが、何も起こらない。

微動だにせず釣り糸を垂れ続ける太郎。
やがて30分ほどが経ち、交響曲ならば四楽章に入ろうかというあたりで……何やら喧騒が聞こえはじめます。

「あ、出番か」

太郎はそうつぶやくと、重い腰をあげたのでした。
待たずして、チューバ道は始まらないのだ。

続きを読む

2009年10月27日 ネタ コメント:2

| ぶっちゃけオーケストラTOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。