FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

指揮者について①

オーケストラや吹奏楽に縁のない人からの質問で、たぶん一番多いのが、「指揮者…アレは何?」というものです。

舞台中央の一番目立つところで、何の音を出すでもなく、ひとりで踊っている。
飛んだり跳ねたり、時には奇妙な動きでウケを狙ってくることもある。
素人目にその意図は一切不明であり、謎につつまれた存在といえる。


いったいあれは何なのだ!?何のために踊り、何のために生き、どんなものを食べ、主にどの地域に生息し、繁殖期にはどんな活動が見られるのか?

今週の生きもの地球紀行では、そんな「指揮者」についてご紹介したいと思います。


さて、まず何より気になるのが、その存在意義です。人生の永遠のテーマでもありますね。

なんのために生まれて、なんのために生きるのか。答えられないなんて、そんなのは、いやだ!  (c)やなせたかし。

指揮者の役割…深くて難解なテーマですが、ものすごいおおざっぱに分けるとこうなると思います。

(1)タイミングをとる

60人やら80人やらのオーケストラが完璧に同時に音を出そうと思ったって、そんなの超むずかしい。
だって30人31脚ですらあんなに転ぶじゃない。60人61脚?全員足くだけるだろ。全治二ヶ月だろ。だいたいどこで走るんだよ。

しかし、じゃあオーケストラの誰かが「せーのッ」とか言う?
「いちにッ、いちにッ」とか言ってもいいか?言ってもいいんだぞ。

まあそうするとクラシックのお上品さが台無しになって、怒ったバッハとかの霊に祟られて、末代まで髪がふわふわになるのでよくない。

そこで指揮者の出番なわけです。

特にアマチュア集団などリズム感もバラバラだったりしますから、みんなで指揮者のテンポに合わせる必要がある。まあ、それすら難しかったりするんですけどね!


(2)表情をつける

リズムだけって話だったら、舞台にメトロノームでも置いておけばいいのです。でもそこには人間が立っている。では、なぜメカ指揮者V3バスタータイプではダメなのか?

演奏者は基本的に、自分の演奏に神経を使うので周りを見るのにも限界がある。おまけに、たいがいナルシストで自己中。

誰かが統率してやんないと、学級崩壊するんだよ!

特にアマチュアは普段よっぽど嫌なことでもあるのか、主張の強い演奏も多い(それが長所でもあるんだけど)。
もう授業中に黒板消しは落ちてくるわトランプしてる奴はいるわ電話してるのもいるし、先生ー男子がうるさいんですけど!うんわかったから、君達も化粧品しまいなさい。

やっぱり先生が、ここは全員で盛り上げなさい、とかここでゆっくりにして、次でドーン!とか指示しないと、全体としての表情は生まれないのね。それを彼らは踊りで表現するのです。

指揮者が熱く踊れば、演奏も熱くする。指揮者が優雅に舞えば、それに合わせて曲も優雅にする。指揮者がサンバを踊りだしたら、ブラジル風にする。ロボットダンスを踊りだしたら、テクノ風にする。

そうして、オーケストラ全体としての音楽が作られるのです。

スポンサーサイト

2009年09月03日 ひと コメント:4

<< チェロ ~愛と勇気だけが友達さ | ぶっちゃけオーケストラTOP | トランペット ~東京者にはわからへんやろな >>

はじめまして!ひぐまと申します。
ちぇろ吉さんとこから飛んできました。
腹抱えて笑かしていただきました!
楽しいお話たくさんなので、ぜひリンク貼らせてください。
Vcのことも書いてくださいね。Vn同様、歴史的階級制度も存在しております(笑)

2009年09月07日 ひぐま URL 編集


おはじめまして、ありがとうございます!
Vcについて書かせていただきましたが、オケ全体でいうと、かなりイイ楽器だと思うんですよね、チェロ。あんま馬鹿にしどころがない(笑
実際やってみるとどうなんでしょうね。

リンクありがとうございます。涙が止まらなくて脱水症状になる。

2009年09月08日 たびび URL 編集


こんにちは~。
指揮者登場ですね!
不思議に思ってたんですけれども、
指揮者が、指揮棒をふるタイミングって、少しわざとずらしているんでしょうか??
曲の途中ではあまり気にならないのですが、ちょっと間があって、ダンってみんなで合わす?みたいな時に、指揮棒ぶんっって振り下ろしたタイミングとちょっと遅れてダーンってきたんですね…。
説明悪くてすみません。

2009年09月12日 ゆきしんまる URL 編集


どうもです。いえいえ、わかります。

ブンッ!

(間)

ジャーン!

…これですね。この現象はプロとかでもよくあるそうで、指揮者によっては「僕の時はそうしないでね」とわざわざ言う人もいました。
でも原因も意味も不明です。少なくとも僕は知りません。ごめん。

ただ常にズレてるというわけではなく、やはりキメどころに見られる現象みたいです。
オーケストラ七不思議のひとつです。(あと6個はこれから探します)

2009年09月13日 たびび URL 編集













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。