FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

「くたびれた」話

お仕事が忙しくて、なかなか記事が書けませんが、見に来てくれる皆さんありがとうございます。
正直すげー疲れております。ので今日は疲れた話。

***

金管楽器の奏者は、長時間演奏して疲れてくると「口がバテた」と言い出します。
くちびるを振動させて音を出すので、ずっと吹いてると口の筋肉が消耗するのです。

つい先日も半日以上練習していたら、これがなかなかハードで、もう音が出なくなってきました。

これは「もうバテバテだ」状態といいまして、RPGでいう毒みたいに、音を出すごとにHPが減っていきます。

で、もう限界だ・・・ッ とゾンビ的な感じでやってましたところ、

指揮者の先生に
「君、いまカッコよかったです。気迫がにじみ出てる感じで」
と言われたので、

ゾンビってかっこいいらしいですよ。

いや、あの、必死さが伝わったのかな・・・・。

スポンサーサイト

2010年03月31日 日記 コメント:4

<< むしろヒーローに助けて欲しいわ | ぶっちゃけオーケストラTOP | 管楽器奏者と飲み物の関係 >>

ウチのオケのHrも唇が使い物にならなくなるという表現をしておりました。
「弦楽器はとりあえず音が出るからいいよねー」
そうね、開放弦ならはずさないしね。
エアチェロしてても他がカバーしてくれる(ときもある)しね。Hr一人だから厳しいよね。
と、なんだか微妙に噛み合ない会話をしながら帰りました(笑)。

2010年04月01日 ひぐま URL 編集


なるほど。
あ、あと管楽器は、唇を慣らすために、1日のはじめには「ウォーミングアップ」が必須で、イキナリ合奏、とかなると死んでしまうのですが、弦楽器はそんな事もないのですかね?

2010年04月03日 たびび URL 編集


弦楽器でも「いきなり」合奏するとかなり音程はずしそうです(ひぐま比)。まず、音階で耳を鳴らしてから合奏するのがベターなところです。ちゅーなー命。

2010年04月03日 ひぐま URL 編集


あー、確かに弦楽器は音程がシビアですもんね。体の慣らしというより耳の慣らしですか。勉強になります。関係ないけど昔「チューナーとお友達になれ」ってよく言われました

2010年04月05日 たびび URL 編集













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。